キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

脳梗塞

風景

脳梗塞

皆さんこんにちは。
今日は脳梗塞の予防について、少しだけアドバイスを致します。
この「脳梗塞」について、先日生命保険の適用外と言うことはお話ししました。では脳梗塞とはどんな病か?と言うことをまずお話しします。
「脳梗塞」とは「脳細胞の死滅」であり、脳細胞が死滅すると再生は不可能。つまり治らない!と言うのが現状です。
では、どうしてこのような事がおきるのか?と言うと、脳細胞は酸素が必要ですが、何らかの原因により、脳内血管が詰まり、酸素が脳細胞に供給されず、細胞が死滅する。と言う病が「脳梗塞」です。
皆さんの中で「編頭痛持ち」と言う方々は少なくはないと思いますが、実はこの頭痛こそが危険信号とも言われております。
頭痛があると言うことは、血圧の変動によって起きやすいとも言われています。しかし、近年では、血圧計が家庭でも普及していて、普段から計測を欠かせない方も少なくはありません。が、正確な血圧状態を知る為には、24時間1週間計測する必要性があります。なぜか?それは、瞬発的に誰しもが「高血圧」になりえる可能性があるからです。
現在医療機関で調査したところ、30%の方々が「脳梗塞」の危険性があり、そのうちの約50%の方々が発症する可能性がある。と言われています。
先日、NHKの番組「ためしてガッテン!」でも報道されているほどです。
つまり、どんなに血圧を計測していたとしても、正確な数値は把握できない!と言える程です。
この原因の多くは、「塩分」と言われていますが、実はこれだけではありません。
仕事のストレス、特に月曜日が一番危険日と言われています。
月曜日は1週間の始まりですが、ゆうつになる事はありませんか?これが「高血圧」になりやすく、発症をおこりうる曜日と言う事です。
皆さんの中で、その危険性を知りえた方はおられますか?


次回はそれらを予防についてお話しを致します。

脳梗塞にならない為の食材

脳梗塞

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!